店舗を利用した手続きの場合には地域に注意が必要

最近ではカードローンの手続きはネットで行うことが多くなっており、急ぎの場合には契約機を利用したカード発行とする程度です。それでも手続きの内容によっては店舗を利用する場合もあり、特に返済に関する相談や限度額の増額などは店舗を利用することもあります。

 

店舗は契約機と違って設置数がそこまで多くないので、利用をする場合には予め店舗の住所を調べておく必要があります。一昔前は多くの駅前などで見受けられた消費者金融の店舗であっても、今は日本全国で見ても一部の地域にしか設置がされていないためです。

 

TVCMでも見かける大手の有名カードローンサービスのプロミスにおいても、店舗の設置数は決して多くはありません。契約機であれば多く設置がされていますが、店舗となると東京都内で見ても渋谷のプロミス店舗などの一部の地域に限定がされてしまうため、例えば新宿なら人通りも多いから店舗もあるだろうと決め付けて行動をしてしまうと時間を無駄にしてしまいます。

 

消費者金融は契約機なら土日でも対応をしているものの、店舗は土日祝日は休業となっている場合が多い点にも注意が必要です。土日や祝日しか店舗に行けない方では手続きや相談が行えないため、その場合にはコールセンターを利用するか、または近くの契約機までいくと良いでしょう。

 

契約機にはコールセンターに繋がる受話器が設置されているので、分からない点や聞きたいことなど、何かあれば契約機を利用しても素早く的確に対応をしてもらえるのです。